サナトクマラ~三位一体の宇宙神霊

いよいよ本日、鞍馬寺でウエサク祭が行われます。

出来上がったアナンダライトリーディングブレスにパワーをいただくので、
受付は本日の18時で終了となります。
定員まであと6名様となりましたので、お申し込みは今すぐにどうぞ!

ウエサク祭りがおこなわれる鞍馬寺では、尊天とされるものが祀られていますが、
尊天とはいったいどのような存在なのでしょうか?

鞍馬寺では、以下のように語られています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

奈良・唐招提寺の開祖、鑑真和上(687~763)の高弟であった「鑑禎(がんてい)上人」は、宝亀元年(西暦770年)の正月に上記のような霊夢のお告げにより、山城国の北方に霊山の存在を覚知、さっそくその山を探し当てたところ、それが鞍馬山でした。

そもそも鞍馬山には、「650万年もの昔、地球人類救済のために金星から遣わされた、宇宙神霊〈サナート・クマラ〉がこの鞍馬の地に降り立ち、精妙なる人類救済・大調和の波動を常に発信し続けている」との言い伝えがありました。

宇宙神霊〈サナート・クマラ〉は〈魔王尊〉とも呼ばれていますが、高次の意識体であるため、具体的な形はあってなきが如し。ある時はその姿16歳の青年の姿、ある時は光り輝く光明体など千差万別です。

その宝亀元年のある日、鑑禎上人の前にサナート・クマラは「毘沙門天」の姿として太陽の中から燦然と現れました。

そこで、鞍馬山に地球・大地の精霊として〈大魔王尊〉を、また太陽の精霊として〈毘沙門天〉が祀られるようになりました。

さらにその約20年後の延歴年間、藤原伊勢人という観音信仰に篤い人物が、どこか霊地に観音堂を建て祀りたいと日々念じていました。

そんなある日の夜「北方に(観音を祀るのにふさわしい)霊地あり」との夢のお告げ。探し求めてみれば、それが鞍馬山。そこで、さっそく鞍馬山に馳せ参じてみたものの、鞍馬山にはすでに〈毘沙門天〉と〈魔王尊〉が祀ってあったため、藤原伊勢人は呆然自失。

そんな所に観音様をお祀りするわけにはいかない・・・。ところがその夜、天から無邪気な童(わらべ)がやってきて伊勢人に耳打ち。

「あのさぁ、毘沙門と観音とはねぇ、ちょうど般若と法華のように、名前が違うだけで、本質は同じなんだよ」

実はその童の正体はサナート・クマラだったのですが、そのひとことで安心した伊勢人は、月輪の精霊の宿る「慈悲の観音」の像を鞍馬寺に奉納。

こうして、太陽の精霊で陽氣たる〈毘沙門天様〉、月の精霊で水氣たる〈千手観音様〉、そして大地の精霊で金氣たる〈魔王尊様〉の三体が鞍馬山に祀られるようになったのです。

さらにこの三氣の統合体・三位一体なる宇宙神霊が〈鞍馬山・尊天〉として祀られました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

サナトクマラは、鞍馬山でレイキを私たち人に伝えたとされる存在です。
そして、今でもさまざまな情報を私たちへ発信し続けていてくれるのです。

そして、イエス・キリストや釈迦などのアセンションしたとされる存在達と共に、
ウエサク祭りの日に祝福のエネルギーをこの地球へ送ってくれます。

これは、年に一回だけの一大イベントであり、だからこそ世界中で同じように「Wesak Festival」が行われているのです。

その祝福の波動が込められた、【The Bless 2017】は、あなたを確実に
愛と喜びに満ちた光へと導いてくれるでしょう!

【The Bless 2017】神の至福の光
受付は終了いたしました

 

ordermade

healing_stepmail-768x432

tenchibracelet2

メルマガ登録

7recipi

 

関連記事

  1. 7月7日の意味とは?

  2. 希少なシトリンファントム

  3. クイズ

    プレゼント付きパワーストーンクイズは本日18時から!

  4. タンザナイト

    人生の羅針盤として最高レベルのタンザナイト

  5. ウエサク祭パワーイベントの第2幕が始まっています!

  6. インペリアルトパーズ

    インペリアルトパーズの大きさは

  7. 運気詳細リーディングとは

  8. 進展しない関係にピンクトルマリン

ピックアップ記事

  1. パワーストーン浄化の頻度
  2. 鞍馬レイキ伝授(霊気アチューンメント)
  3. オーダーメイド

人気コンテンツ