ムーラダーラチャクラ(第1チャクラ)

人間は肉体を持ってこの世界の存在しているのですが、
その元になる肉体を支えるのが、第一チャクラであるムーラダーラチャクラです。

場所は尾骨といわれますが、実際には会陰の少し上で尾骨を内包する形であります。

ムーラダーラチャクラが司っているのは、グラウンディング。
この肉体の元になっている地球との繋がりですね。

ムーラダーラチャクラが活性すると、生体エネルギーが活性しますので、生体機能が高まります。

 

簡単に言えば、「元気になる」ってことですね。(笑)

また肉体が活性すると、それだけ精神、意識にあるものが肉体を通して現実の世界に働きかけやすくなるので、
自分の足でしっかりと目的意識を持ちながら進めるようになります。

自分自身の明確な意思をもって動くことができるので、ものに動じなくなり、
情緒不安定な人も精神的に安定します。

逆にこのチャクラが不活性すると、体力がなくなって体が疲れやすくなり、無気力になります。

精神的にも不安定になり、ネガティブなエネルギーの影響も受けやすくなります。

このチャクラの色は赤色ですが、黒もムーラダーラチャクラを活性させることができます。

これはどういうことかというと、実際にチベット医学でどのように呼んでいるかは分かりませんが、
足の下20センチほど下に、もうひとつ黒色(赤やグリーンなどが混ざり合った色)のチャクラがあるためです。

西洋神秘学的にはアーススターと呼んでいるようですが、
黒いチャクラが両足を通してムーラダーラチャクラにエネルギーを送っているので、
ここを活性すると自然にムーラダーラチャクラも活性するという訳です。

特 にヒーリングをしたり、チャネラー体質(冷媒体質)の人は、
体の上部にあるチャクラが活性していることが多いです。

このムーラダーラチャクラがそれに対し て弱かったり、不活性すると、
アンカーの役割をしている肉体からアストラル体が上にずれて、バランスを崩して情緒不安定になったり、
低級霊に憑依されたり しやすくなるのです。

チャクラはどこか一つが活性していればいいというわけじゃなく、
バランスのいい活性が必要です。

栄養はバランス良く摂りましょう、ということですね^^


第一チャクラ(根チャクラ・尾骨チャクラ・ルートチャクラ) 

■サンスクリット名
ムーラダーラチャクラ

■関連
蛋白・細胞形成・副腎皮質・仙骨尾骨神経節・生殖器系(卵巣、精巣)・性腺

■シンボリックワード
グラウンディング(肉体の本質) ・生体エネルギー(地球のエネルギー)

■活性による効果
生体エネルギーの活性と生体機能の高まり / 現実的生き方を得易くなる / ものに動じなくなる
情緒不安の解消

■不活性で起きる問題
エネルギーの消耗 / 疲労 / 不平不満 / 虚脱感 / 無気力

■色 …… 赤色

■対応惑星 …… 火星

■パワーストーン
インカローズ・レッドタイガーアイ・ヘマタイト・ラヴァ・オニキス・レッドアゲート・スモーキークオーツ・黒水晶など

 

それぞれのチャクラについてはこちらをご覧ください。

サハスラーラチャクラ(第7チャクラ)
アージュナーチャクラ(第6チャクラ)
ヴィシュッダチャクラ(第5チャクラ)
アナーハタチャクラ(第4チャクララ)
マニプーラチャクラ(第3チャクラ
スヴァディシュターナチャクラ(第2チャクラ)
ムーラダーラチャクラ(第1チャクラ)

 

 

メルマガ登録

7recipi

healing_stepmail-768x432

 

tenchibracelet2

 

関連記事

  1. チャクラを開くには?パワーストーンは効果的?

  2. ヴィシュッダチャクラ(第5チャクラ)

  3. スヴァディシュターナチャクラ(第2チャクラ)

  4. マニプーラチャクラ(第3チャクラ)

  5. アージュナーチャクラ(第6チャクラ)

  6. サハスラーラチャクラ(第7チャクラ)

  7. アナーハタチャクラ(第4チャクラ)

ピックアップ記事

  1. パワーストーン浄化の頻度
  2. 天地ブレスアグニゴールドダンビュライト

人気コンテンツ