パワーストーンの効果に大きさは関係あるか?

パワーストーンの効果に大きさは関係あるか?
ということについて、ご質問を時々頂きます。

ブレスレットにするビーズだと、
4ミリやぐらいから始まって6ミリ、8ミリ、10ミリあたりがポピュラーですね。
しかし、さらに14ミリ、16ミリという大粒もあります。

これは少し難しいのですが、同じ原石から同じ形状に加工されたものの場合、
確かに大きさが大きい方がパワーが強く、効果も高い傾向があります。

例えば、同じヒマラヤ産の水晶で、同じ原石から加工されたものなら、
大きい方がパワーが強いということが出来ます。

しかし、同じ産地であっても違う原石や鉱脈の場合は、
育った環境によるエネルギーの違いもありますので、
同じ大きさでもパワーには違いが出てくる傾向があります。

また、身に着けるパワーストーンの場合でも、大きければよいというわけではないのです。

また、小さな原石しか産出しないパワーストーンの場合の話です。

パワーのレベルが1のパワーストーンと、倍の2のものがあったとします。
ブレスレットなどの場合は、レベルが1のパワーストーンとひとつした時と、
倍の2のものをつけた時は、計算上は大きさとパワーのバランスは同じですね。

単純に考えると大きい方がパワーストーンのエネルギーは大きいのですが、
大事なのは、そのブレスレットを着けていて「心地いいかどうか」が判断基準だと考えています。

大きければパワーが強くなるからといっても、
身に着けていて日常生活の差しさわりになってしまって、
「ああ、もう邪魔!」と感じるようだと本末転倒になってしまうからです。

ブレスレットに対して邪魔だと思うことは、
自分とのエネルギーのパイプを遮断する事にもなりかねないからです。

それでしたら、いっそのこと身に着けないでカバンやポケットに入れて
持ち歩いている方がいいかもしれません。

私も、自分用のブレスレットで16ミリほどの大きさのビーズを使用したものがありますが、
身に着けることはほとんどなかったりします(笑)

原石や置物でしたら大きさは大きい方がパワフルで効果も高いと言えるかと思います。
しかし身に着けるパワーストーンブレスレットやペンダントトップなどの場合については、
大きさよりも身に着けていて心地よいかどうか、という点も大きなポイントになってくるのです。

なお、パワーストーンとはエネルギー的なつながりがしっかりできていれば、
家に置いたままでもちゃんとつながったままでいてくれるので問題ありません。

例えば仕事場で身に着けるのが難しい場合でしたら、ポケットに入れておいたり
デスクの視界に入るところに置けば視界に入って繋がりを感じやすく、パワーを受け取りやすいのでおすすめです。

パワーに気をとられるあまりに、大きいビーズのブレスレットを無理して身に着けるぐらいでしたら、
気にならないサイズのものにしておきましょう。

 

メルマガ登録

7recipi

tenchibracelet2

ヒーリングステップメール

関連記事

  1. 月光浴で浄化

  2. トマスゴンサガ

    一緒につけないほうがいいパワーストーンってありますか?

  3. パワーストーンの使いまわしはOK?

  4. パワーストーン浄化の頻度

    パワーストーンの浄化の頻度は?

  5. ブレスレットは寝るときは外したほうがいい?

  6. パワーストーンは他の人に触らせないほうがいい?