雨降りに手放す観念

 

先日、雨の中を傘をさしながら歩いていました。
前から同じように傘をさした親子が歩いてきました。

お子さんは、水たまりに勢いよく足を踏み入れた時の
水しぶきが楽しくて仕方ないらしく、はしゃいでいました。

ああ、そういえば、私もそんな時があったなあと、
昔の事を思い出したりしていました。

その子が、親御さんに「濡れるからダメでしょ!」と叱られていましたが、
ああ、私も叱られたなあと、思い出しました(笑)

雨は「悪い天気」といいますが、子どもにとってはそうではないんですね。

私は今でも雨が好きだったりします。

雨が降るのは、実は良くも無く悪くもなく、
ただ「雨が降る」という現象を指しているだけなんですね。

そこに「良い」「悪い」と意味を与えているのは、
私達自身の観念に他ならないのです。

干ばつの時に雨が降れば、皆喜ぶでしょう。
ちょっと買い物に行こうとしている時に降れば、残念がるでしょう。

結局、起こることにはプラスもマイナスもなく、
全てがニュートラルなんです。

見方をちょっと変えてみるだけで、
身の回りで起こる出来事の意味を変えることが出来ます。

雨が降れば、その後は空気がすっきりと澄んで草木は喜びます。
出かけるのがおっくうになっても、
家の中でじっくりと他の事に取り組んだりも出来ます。

目の前で起こっていることにマイナスの意味を感じたとき、
プラスの意味をつけてみることを、楽しんでみて下さいね^^

 

メルマガ登録DropShadow ~ reiki_bannerlumina_banner3DropShadow ~ tenchi_braceDropShadow-orderDropShadow ~ bible_bannerDropShadow ~ shop_banner

関連記事

  1. 冬の土用の過ごし方

  2. しずく

    守護存在に御挨拶

  3. 精神的にしんどい時。

    精神的にしんどい時は。

  4. 初詣&ご先祖様にも感謝♪

  5. 春分のイメージフォーカス!

  6. オーラ

    オーラは練習・訓練で見える?見える人の特徴は?

  7. マイナスエネルギーの影響を受けないようにするには。

  8. リラックス

    こんな時はとにかくリラックス♪